ヤンキース・田中将大、6安打1失点好投で8勝目「フォーシームとスプリットが今年の中で一番」

ヤンキースの田中将大投手(27)は本拠地でのインディアンス戦に先発し、7回途中まで6安打1失点の好投で今季8勝目(4敗)を挙げた。速球、変化球ともにキレと制球が素晴らしかった。ボールが先行したのは4人だけ。毎回のように走者を出しながらも失点は最小限だった。

今日は率直に良かったと思います。フォーシームとスプリットが今年の中でも一番と言っていい感触を得ながら投げることができました。スライダーを含めた他のボールも良かったですけど、一番はそこだと思います」と手応えを口にした。

 降板の時にはスタンドのファンからスタンディングオベーションが送られた。「なかなか回の途中でマウンドを降りる時に、いい投球をしてることがなかったので、歓声を受けられたのはうれしかったです」と喜んだ。ただ、「先頭に初球を二塁打されてマウンドを降りるんで、それが失点につながってますし、僅差のゲームでは命取りになっていたかもしれない」と反省することも忘れなかった。

 田中はこれまでインディアンス戦に3度先発して0勝2敗と相性が悪かったが、ようやくリベンジに成功。「登板した試合は確実にやられていたので、そういう意味では一つ相手には嫌な印象を、どうかわからないですけど。まあこの結果を残せたことは良かったです。断ち切るという意味では」と満足げに語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00000033-tospoweb-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

二桁は全く問題なさそうだね


まとめでおん :2016 (o∀n)

粘りのピッチングが出来てなにより


まとめでおん :2016 (o∀n)

苦手なインディアンス相手に勝てたのは良かった


まとめでおん :2016 (o∀n)

スタンディングオベーションは嬉しいだろうね


まとめでおん :2016 (o∀n)

ヤンキースも色々と大変そうだが田中は自分の仕事するだけだね


まとめでおん :2016 (o∀n)

やはり中4日うんぬんよりキャッチャーだなあと思った
中4日は怪我の再発という意味ではマー君にとっては関係なくはないだろうが


まとめでおん :2016 (o∀n)

HQSも達成したし、この内容が続けばずっとニューヨークのファンも暖かい声援おくってくれそう

関連記事

0 Comments

Add your comment