【日本ハム】金子誠コーチ、ボールガールへ飛んだライナーに現役さながらの俊敏な動き

日本ハムの金子誠打撃コーチが6日、現役時代さながらの“鉄壁の守備”を見せた。

 3回先頭。打者はファウル打ちで粘りの打撃を持ち味とする2番・中島だ。3球で簡単に追い込まれたが、ここからが中島の真骨頂。三塁ファウルゾーン方向へファウルを続けた。

 11球目。千賀の内角への148キロ直球をカットした打球は三塁ベンチ付近に座るボールガールをライナーで襲った。ここで3度のゴールデングラブ賞に輝いた金子コーチ。中島の打席で左手にはめていたグラブを素早く伸ばして守ろうとした。幸い打球が当たることは無かったが、現役時代さながらの動きを見せていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160806-00010017-fullcount-base






金子誠 引退メモリアル ファイターズ一筋21年 ~行雲流水~ [DVD]
TCエンタテインメント (2014-12-24)
売り上げランキング: 71,242

下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

かっこいい


まとめでおん :2016 (o∀n)

さすがマック


まとめでおん :2016 (o∀n)

中島の時はグランドレベルは警戒しないとねw


まとめでおん :2016 (o∀n)

まだまだ軽快に動けるね


まとめでおん :2016 (o∀n)

打撃コーチだけど流石守備職人


まとめでおん :2016 (o∀n)

これは名手金子


まとめでおん :2016 (o∀n)

このことについて週刊マックで話してくれたら良いなあ

関連記事

0 Comments

Add your comment