【オリックス】安達了一が月間MVP初受賞「同じ病気で苦しむ人を少しでも勇気づけられたら」

 オリックス・安達了一内野手(28)が5日、7月度「日本生命月間MVP」(打者部門)に選ばれ、会見に臨んだ。

 初受賞の安達は22試合に出場して、打率・380、30安打はともにリーグトップ。安打を放った18試合中11試合が複数安打だった。出塁率・430はリーグ3位。2番打者としてつなぐ打撃を披露し、時に試合を決める一打を放った。7月12日の七回に放った勝ち越し打で日本ハムの連勝を15で止めたシーンは記憶に残る。

 「素直にうれしい。みんなに(取れるぞと)言われて最後の2試合ぐらいはガチガチになりましたが、取れて良かったです」

 今季はキャンプ前に難病の潰瘍性大腸炎をわずらった。開幕に間に合わず、今もその日の体調と相談しながら出場の日々を送っている。

 「同じ病気で苦しむ人を少しでも勇気づけられたら、という思いは強いです」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160805-00000534-sanspo-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

素晴らしい


まとめでおん :2016 (o∀n)

野球が出来るかどうかくらい心配されてた中でこれは本当に立派


まとめでおん :2016 (o∀n)

病気の中でこれだけやれるって相当凄いことだ


まとめでおん :2016 (o∀n)

気がつけば7月だけで30安打も打ってたんだ


まとめでおん :2016 (o∀n)

そのおかげか7月はそれまではチームも負けなかったね


まとめでおん :2016 (o∀n)

勇気をもらう人がいっぱいいると思う


まとめでおん :2016 (o∀n)

守備はいいし、打撃がこの調子なら長く活躍してくれると思う

関連記事

0 Comments

Add your comment