アンテナ
月別アーカイブ 球団別カテゴリー
 

最新記事一覧
PR

今季は開幕から打棒好調の村田だが、後半戦はさらにギアを上げている。5番に昇格した先月24日のDeNA戦以降、8試合で31打数13安打、その間の打率は4割1分9厘。球団内で「少なすぎる」と批判されていた打点も、いつの間にかチーム3位の41まで伸ばしてきた。

 開幕前の村田は、四面楚歌と言っていい立場だった。球団も親会社も、今季は2年目の岡本の台頭を期待。由伸監督が挙げたキーマンの中にも、名前はなかった。三塁のレギュラーの座は風前のともしび。それでも岡本がオープン戦で結果を残せず脱落すると、その後は「若手に付け入る隙、チャンスを与えたくないんです」と故障を押しながら打ち続け、意地でホットコーナーを守ってきた。

 当初は7番に固定されていた打順が一つずつ上がってきたのは、指揮官の信頼の証し。「監督も村田がここまでやるとは正直、思っていなかったはずです。実際、開幕してからも岡本を三塁で使う気満々でしたから。それが徐々に変化してきた。結果も文句ないし、ケガをしても黙って出続ける姿を見て、監督なりに感じるところがあったようです」(チームスタッフ)

 3年契約最終年の村田に対しては、今も親会社、球団ともに厳しい構えを崩していない。はっきりと「使わなくていい」と口にし、オフは減俸どころか、放出まで迫る幹部もいたという。ただ由伸監督が再評価していることで、今後は背広組の見方が変わる可能性もある。

全文はソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160804-00000061-tospoweb-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

村田に関しては原監督の時よりやりやすいのかもね
どっちが良い悪いでもなく


まとめでおん :2016 (o∀n)

1軍に内田コーチ来たおかげもあるかな


まとめでおん :2016 (o∀n)

巡回コーチに田代さんもいるからね


まとめでおん :2016 (o∀n)

とはいえシーズン序盤はチャンスではとことんだめだったけどそれも最近はなくなったからこそだね


まとめでおん :2016 (o∀n)

岡本は今怪我だし、あと数年は村田に頑張ってもらって世代交代といきたい


まとめでおん :2016 (o∀n)
結果出なかったとしたら前選手会長を減棒はともかく放出はさすがにしなかっただろうが厳しい立場ではあったね


まとめでおん :2016 (o∀n)

年棒はどうなるかわからないけど来年契約しないなんてことは絶対ないだろう
さすがにもう複数年契約はしないだろうけど

関連記事

PR
PR
ブログ内検索フォーム
人気記事
ブログパーツ
最新記事画像
アクセスランキング
アクセスカウンター(UUのみ)
PR