レンジャーズ・ダルビッシュ有、7回途中3失点で3敗目も指揮官は評価「進歩している」

レンジャーズのダルビッシュ有投手が現地2日、敵地で行われたボルティモア・オリオールズ戦に先発登板。6回1/3を6安打、1四球、9三振、3失点の内容で、今季3敗目(2勝)を喫した。レンジャーズは1対5で敗戦。

 ダルビッシュは4回までオリオールズ打線を無得点に抑えるも、5回に先頭の指名打者ペドロ・アルバレスに14号ソロを打たれて先制点を献上。続く6回にも一発を浴びて1点を失うと、7回には1死走者なしから再びアルバレスに15号ソロを許し、3点目を失ったところで降板となった。

 レンジャーズのジェフ・バニスター監督は、「個人的には、彼の投球、打者へ向かう姿勢、ストライクゾーンへの攻め方は進歩していると思っている」とコメント。また、前日のトレードでレンジャーズに加入したジョナサン・ルクロイ捕手は、「彼は勝つチャンスを与えてくれていた。相手が少し上回っただけ」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000213-ism-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

良くなっていく過程でこれならまあね


まとめでおん :2016 (o∀n)

試合は作ってる


まとめでおん :2016 (o∀n)

QSは達成してるからね


まとめでおん :2016 (o∀n)

今年は無理せずにダルビッシュの場合は勝負は来年な気がする


まとめでおん :2016 (o∀n)

今一番怖いのは怪我の再発かなあ


まとめでおん :2016 (o∀n)

ここのところ日本人先発が結構打たれてるねえ・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

故障上がりで7回途中の3失点は間違いなく許容範囲

関連記事

0 Comments

Add your comment