ヤンキース田中将大、7回途中で降板7失点で4敗目

ヤンキース田中将大投手が4敗目(7勝)を喫した。

 3回2死から相手先発のデグロムが安打。続くデアザに先制2ランを浴びた。

 7回には適時二塁打などで2点を失い、投手のデグロムにこの日2安打となるエンドランを決められ、マウンドを降りた。

 投球内容は6回1/3を投げ、8安打7失点無四球4三振2本塁打で、防御率は3・46。7失点は今季ワーストタイだった。

 田中は「(調子が)特別良かった訳ではないが、そこまで悪かった訳でもない。相手がいいピッチャーなのは分かっていたし、打撃がいいのも分かっていた。失点を防いでいかないといけなかったが、悪い形でつながれてしまった」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000068-nksports-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2016 (o∀n)

7失点か・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

良いとこはそれなりのイニングと四球0ってところだけど7失点はなあ


まとめでおん :2016 (o∀n)

今季最悪の失点かあ まあそんな日もある


まとめでおん :2016 (o∀n)

デグロム打撃良いとはいえ投手にこれだけ打たれるときつい


まとめでおん :2016 (o∀n)

ヤンキース再建に入ってるし、モチベーション的にどうなんだろう


まとめでおん :2016 (o∀n)

日本時代のようにはなかなかいかないねえ・・・


まとめでおん :2016 (o∀n)

とりあえず早いとこ2桁には勝ちたいね さすがに二桁いかずに終わると地元メディアやファンの反応が怖い

関連記事

0 Comments

Add your comment