【DeNA】キャンプで見えた収穫と課題、新戦力台頭もセンターラインは…

今季から就任したラミレス新監督が連日大きな注目を集めたが、昨季最下位に沈んだチームを強化できたのか。28日間で見えた収穫と課題を総括したい。

 収穫でいえば、指揮官がキャンプMVPに選出した投打の新戦力が生まれたことだろう。投手ではドラフト1位の新人・今永昇太が実戦2試合で7回無失点とアピール。野手では5年目の飛雄馬が実戦で安打を量産し、鮮烈な印象を残した。

 特に今永が目指す開幕ローテーション入りへの争いは、激しいサバイバルが繰り広げられている。

 開幕投手に内定している山口は新球のワンシームも冴え、好調をキープ。実績十分な久保康、井納も順調に調整を続けている。ここまではローテ当確といえる。

 さらにモスコーソに加え、新助っ人のペトリックも結果を残し、三嶋、石田、今永の若手も好調。昨季ブレイクした砂田とドラフト2位の熊原は実戦では今ひとつ結果はついてきていないものの、実力は十分。これに大ベテラン・三浦を加えて、残り3枠を争うことになる。先発投手陣は昨季より層が厚くなったのは間違いない。

また、打線では3番・ロペス、4番・筒香はけがなく過ごし、新助っ人の5番・ロマックが28日のネクセン戦で場外弾をマーク。米マイナーで通算200発を放った実力を発揮し、強固なクリーンアップを形成できることもプラスポイントだ。

 一方で課題として残ったのが、センターラインだろう。特に、捕手と二遊間だ。

 昨季プロ野球ワースト記録の68暴投を記録したバッテリー陣の強化は至上命題で、正捕手固定への道筋をつけることがキャンプの一つのテーマとなっていた。

続きはソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160229-00010002-fullcount-base



BALLPARK
BALLPARK
posted with amazlet at 16.02.29
横浜DeNAベイスターズ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 47,677

下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2015 (o∀n)

概ね悪くないと思う


まとめでおん :2015 (o∀n)

去年までの課題をどこまでカバー出来るかだなあ


まとめでおん :2015 (o∀n)

投手力は去年より上がりそう


まとめでおん :2015 (o∀n)

野手は飛雄馬の活躍が大きい


まとめでおん :2015 (o∀n)

捕手に関しては光山バッテリーコーチに期待するしかない


まとめでおん :2015 (o∀n)

野球はセンターラインって言うからね
まあキャンプで課題が全て克服されるわけではないし、これはしょうがない


まとめでおん :2015 (o∀n)

これからオープン戦もあるし、ここから怪我人なく無事に開幕迎えてもらおう
課題はシーズンでどれだけ克服していけるか

関連記事

0 Comments

Add your comment