【日本ハム】今年もイースタン・リーグ北海道開催 富良野、苫小牧で1試合ずつ

 日本ハムは28日、3月12日に開幕する2016年度のイースタン・リーグ公式戦を鎌ケ谷スタジアムでの59試合に加え、富良野市と苫小牧市でも2試合を実施すると発表した。北海道開催は毎年恒例となっている。

 富良野市民球場では8月13日、苫小牧市営緑ケ丘球場は同14日に開催予定。いずれもヤクルトが相手で、試合時間もともに12時30分開始。球団は「公募の結果、今年は市制50周年を迎える富良野市(初)と、全国初の『スポーツ年宣言』から50周年にあたる苫小牧市(2回目)の2都市で開催することとなりました」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00010009-fullcount-base




HO vol.93(旭川・東川・富良野・美瑛)

ぶらんとマガジン社 (2015-06-25)

下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2015 (o∀n)

2試合か


まとめでおん :2015 (o∀n)

道内広いから毎年違う場所でやってるよね


まとめでおん :2015 (o∀n)

ファイターズこそ3軍あった方が道内各地で試合出来そうな気もするがそういうわけにはいかないからなあ


まとめでおん :2015 (o∀n)

函館から稚内まで試合するのは不可能か


まとめでおん :2015 (o∀n)

鎌ヶ谷は鎌ヶ谷で成功してるし、2軍を北海道をもってくるわけにはいかないしなあ


まとめでおん :2015 (o∀n)

1軍の試合も層だけど道内全域を1年でカバーするのは移動も含めて厳しいか


まとめでおん :2015 (o∀n)

ファームの試合開催したい地域はまだあるだろうし、少しでも実現していかないとね

関連記事

0 Comments

Add your comment