【DeNA】ラミレス監督、再来日 ドミニカで筒香らと面談

DeNAは30日、アレックス・ラミレス監督(41)が、再来日したと発表した。

 ラミレス監督は13日に日本から米フロリダ州パームビーチに向かった。主目的はバカンスだが、出発の際には「(フロリダ州)タンパにいるエレラ、マイアミにいるモスコーソに会いにいく」「(ドミニカ共和国のウインターリーグに参加している)筒香に会いにいくことも考えている」と話していた。

 再来日したラミレス監督は球団を通じてコメントし、「アメリカでは自分で運転をしてモスコーソとエレラに会いに行きました。ドミニカ共和国にも足を運び、(同国のウインターリーグに参加していた)筒香、飛雄馬、乙坂に会いました」と、精力的に選手と面談したことを明かした。「選手たちからは来シーズンに向けてのやる気と充実した様子を感じることができました」と、大きな収穫を得たようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00000062-dal-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2015 (o∀n)

正月は日本で迎えるんだ


まとめでおん :2015 (o∀n)

ドミニカでの面談は出発前に話題になってたもんね


まとめでおん :2015 (o∀n)

ラミレスはあとはずっと日本に居るのかな


まとめでおん :2015 (o∀n)

積極的に動いてるね


まとめでおん :2015 (o∀n)

ずっと日本の監督を夢にしてきたし、その叶った夢を一生懸命取り組んでると思う


まとめでおん :2015 (o∀n)

フットワークの軽さは武器


まとめでおん :2015 (o∀n)

こういうことの積み重ねが選手の信頼に繋がるね

関連記事

0 Comments

Add your comment