【DeNA】石田健大、粘って6回無失点「次こそ勝ちを」

DeNA先発の石田健大投手(22)が、6回無失点で役割を果たした。

 プロ3戦目の先発となったルーキー左腕は、5回以外は毎回、安打を許しながらも粘りの投球を披露。巨人エース菅野と堂々と投げ合った。味方の援護に恵まれず、6回に降板し、プロ初勝利は持ち越しとなった。

 「ほぼ毎回ランナーを出しましたが、先頭で出すことはあまりなかったですし、粘って0点で抑えられたことは自分では評価してもいいのかなと思います。そのかわり、野手にいいテンポで攻撃の流れをつくれなかったのは課題です。次こそ勝ちを手に入れられるようにまた頑張ります」と振り返った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150730-00000144-nksports-base





下記コメントは中傷を除くネット、その他の反応等の独自編集

まとめでおん :2015 (o∀n)

この試合は勝たせてあげたかった


まとめでおん :2015 (o∀n)

無失点は立派


まとめでおん :2015 (o∀n)

試合しっかり作る力はあるね


まとめでおん :2015 (o∀n)

次こそは・・・


まとめでおん :2015 (o∀n)

砂田と石田で左2枚いるのは大きい
まあチームは勝てないが・・・


まとめでおん :2015 (o∀n)

球数は多かったけど無失点という結果が自信になりそう


まとめでおん :2015 (o∀n)

嶺井との息もぴったりだった
菅野相手によく頑張ったよ

関連記事

0 Comments

Add your comment